ブランドバッグ買取実績

シャネル アンティーク べっ甲 ショルダーバッグ 買取実績 シャネルの買取 相場

ブランドシャネル

買取価格\650,000

女性を解放した Chanel(シャネル)の買取ならBELL(ベル)


Chanel(シャネル)の買取ならば高額ブランドの買取を得意とするBELL(ベル)へお任せください。

BELL(ベル)は従来の買取方法のほか、オークション代行、また弊社クライアントへ直接販売を行っているので、

小売価格に近い買取価格が実現できます。

Chanel(シャネル))はエルメス・ヴィトンに並ぶ、と言われるバッグブランドだからこそ、

Brand Order BELL(ブランドオーダーベル)へお任せください。

シャネルの買取、販売ならBELL(ベル)へお任せください。

シャネルの始まりはココ・シャネルが1910年にパリに帽子専門ブティックとして「シャネル・モード」を立ち上げた所から始まります。

1921年に世界で最も売れた香水シャネルの5番を生み出だされ、その後もリトルブラックドレスやシャネルスーツといったアイコンとなるアイテムを発表しその地位を築いていきました。

シャネルは「女性を解放した」という表現をよくされますが、それはこのシャネルの生み出したファッションというのが当時の上流階級の女性が着るドレスで当たり前となっていた腰をしめつけるコルセットを追放し、身も心もスッキリ軽く解放したからです。

独立ブランドとして不動の地位を確立


魅力あふれるデザインと確かな品質でトレンドを牽引するブランド「シャネル」。その魅力は書き出すと収まらなくなってしまうのですが、、、。やはりエルメスと同じく、独立ブランドとして確立している事では無いでしょうか。かの有名なヴィトンやグッチでも「LVMH」グループなどに属しています、ブランドを立ち上げる方はご存知かと思いますが、ブランドを維持するには財力や流行をいち早く察知することが必要です。ブランドを存命させる事だけならまだしも、100年以上もの間、世の女性を虜にし、且つブランド名も世界一を維持するには情熱や運だけでは不可能ですね・・・。

本日はそんなシャネルの魅力を買取価格 相場をモデル紹介と合わせてご紹介させて頂きます。

 

 

 

1位:シャネル アンティーク べっ甲 ショルダーバッグ


65万円 ※商品状態によって異なります。

冒頭でもご紹介させて頂いたべっ甲のチェーンショルダーです。

世のヴィンテージブームに合わせ、なんと定価越えをしているプレミアムアイテムです。

90年代に限定販売されたこちらのバッグですが、お持ちの方は是非一度現在のお値段をお調べすることをお勧めします・・・!

 

2位:シャネル マトラッセ キャビアスキン チェーンショルダー


45万円 ※商品状態によって異なります。

実はこのマトラッセ、1929年に初のマトラッセラインのポーチが発表されてから、本格的に生産がスタートするのは1955年になってからです。マトラッセと聞くとこのチェーンショルダーバッグを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

このデザインは現在ではシャネル以外でもさまざまなブランドから発表されているが、どこが出したところで「シャネル風のバッグ」になってしまうほど「シャネル=キルティングのチェーンベルトバッグ」という方程式が成り立っています。

 

3位:シャネル ダイアナ チェーンショルダー


20万円 ※商品状態によって異なります。

シャネル ダイアナフラップとは?

シャネル ヴィンテージの火付け役ともいえるダイアナ フラップ、ダイアナ妃が使っていたモデルで、シャネル・ヴィンテージの、Diana キルティング フラップバッグです。特徴は形どりされたようなフラップで、シングルフラップなのが特徴です。年代は80~90年代のものが多いですが、現在相場急上昇中のモデルです!!

高額買取も納得のランクインです!

 

4位:ボーイシャネル チェーンショルダー


45万円 ※商品状態によって異なります。
2011-12の秋冬でセンセーショナルなデビューを飾ったボーイシャネル、、、、。
いかにもロックテイストなルックスはこれまでのシャネルのフェミニンでエレガントな雰囲気からは一線を画すデザインです。
ボーイシャネルのボーイというのは、2つの意味が込められており、ひとつはココ・シャネル最愛の恋人アーサー・ボーイ・カペルのボーイから、もうひとつは見た目そのままのボーイッシュという意味が込められているそうです。
波あるラインを抑え、堂々の4位です!!

何度も紆余曲折を経て現在の地位を築いた、Chanel(シャネル)。

ブランド存続の危機も何度かあり、第2次世界大戦時には従業員のストライキも重なって一時ココ・シャネルは引退に追い込まれいてます。この時はシャネルの大半の権利を持つヴェルタイマー一族がアメリカで香水No.5を展開していたことでなんとか持ち直しました。
そして、ココ・シャネル亡き後、カール・ラガーフェルドがアーティスティック・ディレクターに就任するまでの空白期間もシャネルブランドの価値が暴落していました。

こうした危機を乗り越え、現在カール・ラガーフェルドがシャネルを牽引し、次々と新しい価値を世に送り出すトップラグジュアリーブランドとして君臨しているので

BELL(ベル)ではそんなシャネルを高価買取中です。

価値を知りたいだけって方でも大歓迎です。お気軽にご連絡くださいませ。

買取・販売・修理….etc
Brandに関するOrder専門店
◆Brand Order BELL◆ 
ブランドオーダーベル
 
〒110-0015
東京都台東区東上野3-33-9
直通:090-4600-8265