リシャールミル 謎多き億ウォッチ。RM11-03 マクラーレン |ブランド品の高価買取は東京銀座のブランドオーダーベルへ

ブランド時計買取実績

リシャールミル 謎多き億ウォッチ。RM11-03 マクラーレン 

商品分類 リシャール・ミル
買取金額 ¥40,000,000

21世紀時を代表する億ウォッチ
リシャールミルの買取ならBELL(ベル)


Richard Mille(リシャールミル)の買取査定ならば高額ブランドの買取を得意とするBELL(ベル)へ!

BELL(ベル)は従来の買取方法のほか、オークション代行、また弊社クライアントへ直接販売を行っているので、

小売価格に近い買取価格が可能です。

高級時計といえば、

Richard Mille(リシャールミル)エクストリームウォッチをご紹介します。

Brand Order BELL(ブランドオーダーベル)へお任せください。

2001年リシャールミルは革新的な時計を発表しました。
RM001 トゥールビヨン 17本限定

圧倒的な耐久度を兼ね備えたトゥールビヨンは世界初なのではないでしょうか。
トゥールビヨン=脆弱という常識を壊し驚かしたのはつい最近の事です。
当時、時計といえば1000万前後で超高級時計でした。
その常識を壊したのもリシャールミルです。なんとファーストモデルから1900万定価。

それまでの高級時計というと全面にダイヤを散りばめ、全て金かプラチナ加工。
ミニッツリピーターやらパワーリザーブやら機構をくまなく施し。。
素人から見るとなんのこっちゃ、、と言わざるを得ない。誰もが扱いずらい時計を指していました。

そこを革命したのがリシャールミル。
ケースはなんとチタンでありダイヤ装飾なし。
余計なコストを切り捨て、デザイン性と実用性を最高レベルに引き上げた時計です。

 

強気の価格設定の裏側。



ファーストモデル「RM 001 トゥールビヨン」手巻きTIケース生産終了

何故この価格設定で売れるのか。
リシャールのマーケティング、ブランディング、プライシングを掘ってみます。
当時のマーケットは500万前後の時計が高級時計という位置づけでした。ですが、車、不動産、ダイヤ等といった超高単価な物は流れておらず、時計といったら車の次に。といった時計の位置づけです。
ここに目をつけたのか、超富裕層しか購入する事の出来ない時計を生産していきます。

とはいえ、時計を作りさて価格はいくらにしようかな。となると、この時計の売価はいくらが妥当なのだろうと。
リシャールミルは時計製作→値付けではなく、先に価格設定を行っています。
プライシングが巧みなんです。1000万の時計が10本売れました。なら1本1億の時計も売れるだろうと。
さて、見合う素材デザイン機構は何かなと。
非常にわかりやすいロジックです。本来のプライシングはここにあると思います。

ここまで書くとコストは安く暴利なのでは?と思う方がいると思いますが、そうではありません。
リシャールはネジ一つに命を吹き込んでいます。
工場にはボツになったネジが無数あります。一本製作で100ドル以上するものがです。
一切の妥協を許さない時計・リシャールミル。

時計の技術だけではなく広告にも力が入ります。
2002年にはルマンクラシックのスポンサーを務め世界に大きく発信します。
それからは著名人を多用しモデル名にもなるほどです。

リシャールミルの売り方必見


先日買取したRM030 状態BC 2019年時点1300万買取実績

リシャールミルを売りたいとお考えの方。どうぞBELLへご相談くださいませ。

売る為に買取店に持ち込んだ事は皆さん一度はあるのではないでしょうか?
ロレックスやカルティエ、ヴィトンのバッグ等です。
ただ、リシャールとなると話は別です。

買取店は相場があってやっと買取ができます。
相場とは、数多のバイヤー達が作り上げた歴史といっても過言ではありません。
10円で仕入れた物が100円で売れた。次は20円出してもっと大量に集めよう。仕入れ額を考え売価を考え。。
今の古物市場は高く買取安く売る流れが非常に強いです。適正の売価が出来上がっているのです。つまり仕入れは売価以上になることはないので、相場が出来上がっていきます。

リシャールの場合はこの相場が一切ありません。
売価は言い値です。つまり 相場がない=買取店は買わない の式が出来上がり売り場所に困る次第です。
日本ではまだまだリシャールマーケットの確立が弱く買取額も低いのが本音です。
やはりアメリカ、ユダヤ系が高くリシャール本来の価値を知っていると言えます。

国内でも買取しているところは数社見受けられますが、まだまだ海外のエスティメートには程遠く。

弊社は主に小売りとNYへの時計卸を行っており、常に最新の売価を情報として持っています。
売価があるから買取もできる。NYへ卸事業もあるので最低価格でも国内以上の査定額を出すことが出来ます。
ぜひ一度ご相談くださいませ。

 

 

リシャール・ミル の買取ならBELL(ベル)


他社で思ったような金額に満たなかった場合、一度当店にご相談を。

弊社では超高額時計の売買を行っております。
本当の価値を引き出し最高のウォッチパートナーになれるよう尽力してまいります。

醍醐 拓司

買取・販売・修理….etc
Brandに関するOrder専門店
◆Brand Order BELL◆ 
ブランドオーダーベル
 
〒104-0061
東京都中央区銀座3-8-12 大広朝日ビル3F
TEL:03-5579-5701