オーデマピゲAUDEMARS PIGUET CODE 11.59 バイ オーデマピゲ の買取ならばBELL(ベル)へ!! |ブランド品の高価買取は東京銀座のブランドオーダーベルへ

ブランド時計買取実績

オーデマピゲAUDEMARS PIGUET CODE 11.59 バイ オーデマピゲ の買取ならばBELL(ベル)へ!! 

商品分類 オーデマ・ピゲ
買取金額 ¥2,000,000

オーデマピゲAUDEMARS PIGUET CODE 11.59 バイ オーデマピゲ の買取ならばBELL(ベル)へ!!


オーデマピゲAUDEMARS PIGUETの買取査定ならば高額ブランドの買取を得意とするBELL(ベル)へ!

BELL(ベル)は従来の買取方法のほか、オークション代行、また弊社クライアントへ直接販売を行っているので、

小売価格に近い買取価格が可能です。

今回ご紹介させて頂くのはオーデマピゲAUDEMARS PIGUET  CODE 11.59 バイ オーデマピゲのご紹介です!!

 

15210OR.OO.A028CR.01 CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ

2019年に発表されたCODE11.59はロイヤルオークとジュールオーデマがラインナップの二本柱であったオーデマピゲに、新たに追加されることとなった一大シリーズです。しかしこのCODE11.59、発表当初から何かと賛否両論巻き起こっていた新作でもあります。「ターゲット層はどこ?」「ロイヤルオークのほうがやはっぱり」・・・そんな声をもちほらありましたが、一方でこの新作、ディテールを知るほど、そのこだわりの強さと美しすぎる造形に徐々に惹きつけられ、最後には欲しくなってしまうという逸品でもあります。事実、リリースから初めて出荷した分は、たちどころに完売したと聞きます。

どのコングロマリットにも属していない家族経営一筋のオーデマピゲだからできた自由で美しい傑作・CODE11.59。今回は、この新作をご紹介!同社からのコードを読み解くことで、この新シリーズの魅力の真価が見えてくることでしょう。

 

CODE11.59 by オーデマピゲとは、2019年にて発表された新シリーズです。

オーデマピゲと言えばロイヤルオークかオフショア!というイメージが強いですね・・。今年もどんなロイヤルオークの新作が出るか、なんて予想がSIHH前には飛び交っていたものです。しかしながら蓋を開けてみれば、まったく新しいシリーズが登場!ロイヤルオークの誕生から数えると47年ぶりの新シリーズ(オフショアからは26年ぶり)となります。

正式名称はCODE11.59 by オーデマピゲ。6モデル、計13リファレンスで第一陣は構成されました。

研究開発・デザイン設計、そしてプロモーション戦略に約5年の歳月がかけられました。

シリーズ名からも、並々ならぬ情熱が感じられますね。コード自体は暗号とか符丁とかそんな意味合いがあり、詳細は後述しますが、そこかしこにオーデマピゲから我々ユーザーへの暗号のようなものが感じられます。さらに、CODE11.59一つひとつに意味があるということもご存知でしょうか。

 

CODEのCは職人魂の限界への挑戦(Challenge the limits of craftsmanship)
Oはブランド遺産の所有(Owing the Brand’s legacy、歴史があるということ)
Dは恐れずにブランド理念に従う(Daring to Follow Firm Convictions)
Eは進化(Evolving)
そして11.59は、日付が変わる直前を表しているのです。

 

初見では、非常にクラシックなドレスウォッチだな、と思いました。もちろん、大スポーツウォッチ時代の昨今、あえてドレスラインを大々的にリリースするところは少しもオーソドックスではないのですがww

正面から見るとオーセンティックなラウンドフォルム、目立った奇抜さのない文字盤デザイン、ケースは41mmサイズとボリュームがあるとは言え上品な意匠・・・

しかしながら細部を見れば、どのブランドとも、オーデマピゲの過去の作品とも、まったく違った新しい様相が見えてきます。

 

画像だとわかりづらいかもしれませんが、ラウンドフォルムにサンドイッチされる形で、ミドルケースがオクタゴン(八角形)になっているのです!オクタゴンと言えばフラグシップのロイヤルオーク。こんなところにブランドレガシーが潜んでいるのです!

さらに言うと、長めにとられたラグは絶妙なフォルムを描いていますが、バックケース側は溶接されておらず、そっと支えている状態です。ちなみにラグホールにはロイヤルオークのベゼルでおなじみのビス留めがついているというにくい演出ですね。

これ、画像だと若干わかりづらいのですが、ラグ部分はケースに完全に没入しておらず、文字盤側のラグ部分のみで支えている形となるのです。そのためより繊細な美しさが湛えられており、オーデマピゲの職人魂―craftsmanship―を感じられる要所なのです。

 

オーデマピゲAUDEMARS PIGUET  CODE 11.59 バイ オーデマピゲの買取ならBELL(ベル)


他社で思ったような金額に満たなかった場合、一度当店にご相談を。

弊社では超高額時計の売買を行っております。
本当の価値を引き出し最高のウォッチパートナーになれるよう尽力してまいります。

栗山 龍二

買取・販売・修理….etc
Brandに関するOrder専門店
◆Brand Order BELL◆ 
ブランドオーダーベル
 
〒104-0061
東京都中央区銀座3-8-12 大広朝日ビル3F
TEL:03-5579-5701