ロレックス シードゥエラー1665のレアモデル 赤シード|ブランド品の高価買取は東京銀座のブランドオーダーベルへ

ブランド時計買取実績

ロレックス シードゥエラー1665のレアモデル 赤シード

商品分類 アンティーク ロレックス
買取金額 ¥5,000,000

ロレックス 赤シード 1665の買取ならBELL(ベル)


ROLEX(ロレックス)の買取査定ならば高額ブランドの買取を得意とするBELL(ベル)へ!

BELL(ベル)は従来の買取方法のほか、オークション代行、また弊社クライアントへ直接販売を行っているので、

小売価格に近い買取価格が可能です。

今回ご紹介させて頂くのはROLEXロレックスのビンテージ人気モデル1665!赤シードのご紹介です!!

1665

 

 

ロレックス シードゥエラー 1665

1953年に巨大な水圧に耐える事が出来るプロユースダイバーズウォッチの開発が始まり、フランスの潜水会社コメックス社の協力を元に1967年に誕生したのがこの初代シードゥエラー、1665!

当時のサブマリーナデイトの約3倍にあたる610m防水!
そしてケースサイドには「ヘリウムガスエスケープバルブ」を備え、サブマリーナの上位モデルとして発表されました。

裏蓋に、特許取得のトレードマークの「ROLEX PATENT OYSTER GAS ESCAPE VALVE」と刻印されております。

また、少数生産された通称『赤シード』は、希少性と人気からプレミア価格となっている

この赤シードは1967年から1978年頃まで製造されていますが、
この10余年の間に少しずつマイナーチェンジが施され、
その特徴ごとにマーク1ダイヤル、マーク2ダイヤル、マーク3ダイヤル、マーク4ダイヤルに分類されています。

今回はこのマーク1,2,3,4ダイヤルを簡単にご紹介させていただきます。

滅多に見ることは無いマーク1ダイヤル。赤シードという括りですが、

表記がピンクです。これがマーク1です。

またマーク2ダイヤルでも書きますが、センタースプリットです。

マーク2ダイヤル。

「SUPERLATIVE  CHRONOMETER」

「OFFICIALLY  CERTIFIED」

大げさにすると上のように間がそろって見えるダイヤルで、センタースプリットといいます。

このセンタースプリットがマーク2ダイヤルです。

ブラウンチェンジするのもこのダイヤルの特徴でレアポイントです。

1960年代後半にロレックスが文字盤を作らせていたある特定の工場で製造された個体は、シードゥエラーに限らずエクスプローラーやGMTマスターなどの黒文字盤でも一部
ブラウンチェンジが見られることから、その工場で使用していた塗料の配合などに起因しているのでは、というのが最も有力な見方です。

マーク3ダイヤル。

センタースプリットでは無くなりました!それ以外は基本的にマーク2ダイヤルと一緒です。

ブラウンチェンジは基本的にはしませんが、頑張ってヤケばちょっとブラウンになるかもなダイヤル。

綺麗にヤケにくいのであまりおススメは出来ません!

最後にマーク4!

マーク1ダイヤル~マーク4ダイヤルの中では一番多い個体とされております。

特徴は非常に分かりやすいです。610ⅿの6に隙間がありません。

他のマーク1,2.3がクローズ6なのでにマーク4だけクローズ6です。

以上が大雑把にではありますが、分類分けされているものになります。

海外のファンブック、サイトではもう少し細かく分類されているのですが、これだけ覚えておけばとりあえずは大丈夫です。

また見分け方ではないですが、

裏蓋の内側の刻印に多少違いがあり、

マーク1はエスケープバルブの特許申請中に売り出されたため、裏蓋を開けた時にPATENT PENDING(特許申請中)と刻印されています。
マーク2はその過渡期で、PATENT PENDINGとPATENTEDの刻印、両方が存在します。
マーク3以降はすべてPATENTEDの刻印になります。

こちらも1665、赤シードを持っている方は確認してみても面白いと思います。

 

ロレックスの買取ならBELL(ベル)


他社で思ったような金額に満たなかった場合、一度当店にご相談を。

赤サブは正直なお話をするとチラホラと出てくるのですが、

赤シードは本当に数が少なくなっております。

これはマーク1ダイヤル~マーク2ダイヤルだけではなく、比較的に多いとされているマーク3ダイヤル~マーク4ダイヤルでも同様です。

本当に少ないです。

もし売却を検討されている方、価値だけでも知りたいという方がいらっしゃいましたら一度ご相談を。

弊社では超高額時計の売買を積極的に行っております。

本当の価値を引き出し最高のウォッチパートナーになれるよう尽力してまいります。

栗山 龍二

買取・販売・修理….etc
Brandに関するOrder専門店
◆Brand Order BELL◆ 
ブランドオーダーベル
 
〒110-0015
東京都台東区東上野3-33-9